FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病の悪化 と 天気 の関係

2016.05.01 00:13|医院からの
「歯周病と天気?」
「関係ないでしょう?」
ほぼ全ての方がそう思われるでしょう。

まだ最近のことですが、岡山大学が研究結果を発表しました。
以下の通りです。

台風などの影響で気圧が大きく下がったり、気温が急に暖かくなるなどの「気象の変化」があった日。
その1~3日後に、歯周炎が急激に悪化して、ひどい痛みや腫れが起こりやすくなる。

という結果です。歯周病の約2万人を対象にしたデータです。

「メカニズムはまだ不明だが、気圧や気温の変化がホルモンの分泌や循環器系に影響し、
慢性歯周炎の急激な悪化を引き起こした可能性がある」

私自身、今まで深く考えたことは、正直ありませんでした。
思い返しても、「確かにそうかもしれない」くらいです。

しかし、実際に研究結果が発表され、論文として掲載されています。
現段階では、「結果」ですので、治療にまでは結びついていなさそうです。
今後に期待です。

大切なことは、天気の変化にビクビクすることではなく、毎日の歯ブラシや治療ですね。

歯周病の対策には、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシが効果的です。
歯ブラシの選択も大切です。
歯石が付いていると、そこの部分には歯周病の菌が付いてしまうため、固くこびり付く前に除去をしましょう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。